総合気象コンサルタント

防災

防災気象情報
市町村を単位とする地域に気象観測機器を設置し、ローカル気象観測を行います。
大雨防災気象情報では雨量計を細かく配置し、雨量データを収集します。
雨量データは当社システムで1分毎に収集しデータベースに収録、5分〜10分毎に集計し表やグラフ、メッシュ図、土石流図に詳細ローカル雨量情報として解析します。

雨量情報はWEBで毎10分の数秒後に表示します。最近では5分毎のデータ収集,表示を可能にしています。
雨量が予め設定の値を検出した時や大雨をもたらす雨雲が接近した時アラームを発生し危険を伝えます。
梅雨や台風のもたらす大雨、雷・雹を伴う集中豪雨の常時監視を行います。

雨量データは当社雨量データ収集ソフトにより当該地区のアメダスや川の防災等各県の防災情報等国や県のURLで公表されるデータを自動収集し利用します。
気象庁レーダー図も利用します。

現在長野県伊那市様等多数の地方自治体様で運用しております。

気象観測は雨量の他気温、湿度、風向風速、日射、降雪等も行います。
情報はWEB、CATV,携帯、スマホ、メール等各種メディアにて提供します。

防災気象情報の種類
   大雨防災気象情報
   暴風気象情報
   高温・低温気象情報
   火災気象情報
   波浪情報

これらの情報について市町村単位に解析し提供します。

台風情報(気象庁のレーダーを使用しています)

powered by Quick Homepage Maker 4.52
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional